癒しの沖縄音楽♪

美輪明宏 ヨイトマケの唄

美輪明宏が、1964年に発表した、幼少時に一緒に育った友人の亡き母を回顧する歌である。
主人公の過去には幼少時、母親の職業(日雇い労働者)がきっかけでいじめを受けた悔しさなども折り込まれている。
ヨイトマケ」とは、かつて建設機械が普及していなかった時代に、地固めをする際に、
重量のある槌を数人掛かりで滑車で上下する時の掛け声であり、
美輪によれば、滑車の綱を引っ張るときの「ヨイっと巻け」のかけ声を語源とする。

この仕事は主に日雇い労働者を動員していた。



発表後間もなくして歌詞の中に差別用語として扱われる「土方」(どかた)
「ヨイトマケ」が含まれている点などから、日本民間放送連盟により
要注意歌謡曲(放送禁止歌)に指定された事でそれ以降民放では放送されなくなっていた。

この曲の公開には、48年の歳月が必要だったのでしょうか。。。
>イメージ動画はコチラ!
>TOPへ戻る

[PR]ROCKY

童子神(わらびがみ)古謝美佐子

童子神(わらびがみ)古謝美佐子

何度聴いても泣けます。。。



『プカプカ』聞き比べ

石岡恭蔵プカプカ
ここ三年はまってる曲です・・・

城間竜太 えんどうの花

城間竜太えんどうの花」のコラボ・・・

しみじみ聴かせてくれてます。。。



懐かしい響きに浸れますね^^

花ぬカジマヤー

沖縄音楽ミュージシャン


やはり、面白い。。。





花ぬカジマヤー 歌詞

はなぬ かじまやー かじ ちりてぃ みぐる
ちんとぅん てんとぅん まんちんたん
うねたりすみれー うみかきれー

わんや どぅし ちりてぃ なまどぅ わんねー もどぅる
とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん
とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん


んみぃや たんめぇ すばに わらい ふくとぅてぃ いちまでぃん
ちんとぅん てんとぅん まんちんたん
うねたりすみれー うみかきれー

とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん
とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん

歌詞対訳

花の風車は風を連れて巡ります
ちんとぅん てんとぅん まんちんたん
皆さん 見てみて〜

私は、ただ今、お友達を連れて帰ってきました
とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん

おばぁちゃん おじいちゃん 笑いは福来るですね
いつまでも幸せにね
とぅるるん てん とぅん とぅるるん てん

アコースティックギターならこちら

banner1_2.gif ブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。